着物買い取り

着物を一番高く売る方法は?

着物を一番高く売る方法は?
それは着物を高額で専門業者に買い取りしてもらうことです。

 

口コミなどで人気の着物専門業者上位3位をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

上記でご紹介しているのは、かなり粋の良い着物買取業者さんです!
しかも着物専門に買い取りを行っているので、実績も知識も経験値も豊富。
安心してお任せできる業者です。

 

でも業者によって特色があり、
買い取りの方法や買取までの流れなど、それぞれに特徴があるので、
自分に合った業者さんを選んで利用してみるのはいかがでしょう。
人気の業者トップ3をご紹介&口コミを集めました♪ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

スピード買取.jp

 

 

今最も勢いのある着物買取業者が「スピード買取.jp」です!
着物を送る準備をするのがイヤという人におすすめで、
ネットで申込をすると、出張査定に家まで来てくれます。
対面で査定してもらえるから、査定額の説明も丁寧で満足度の高い買取をしてもらえます。
査定額に合意すると、その場で買取をしてくれ支払いをしてくれます。
申込をして最短30分で家に来てくれるので、
その日にお金を受け取れるのも人気の理由の1つです。
着物に詳しいプロが査定してくれるので、高価買取も期待できますよ。

 

  

 

 

 

スピード買取.jpの実績例

 

買取方法

ネットで申込みをすると、すぐに査定に査定員の方が来てくれます。
査定員が地域を巡回しているので、最短30分で無料出張査定に来てくれます。
“査定料無料!キャンセル料なし!買取手数料無料!”

 

お金の受け取り方法

査定の後、提示された査定額に納得した場合はその場で手続きをして、
その場で現金にてお支払いをしてもらえます。

 

スピード買取.jpの特徴

家に来てもらうのに男性だとちょっと・・・という人は、女性査定員を指定することができます。
それならお家に来てもらうのも安心ですよね!
直接やりとりしながら査定内容を聞くことができるので、
高額になりえるポイントを教えてくれたり、「これがあれば上乗せできますよ〜」なんてことも可能なのが「スピード買取.jp」の魅力なのです。

 

査定料無料!キャンセル料なし!買取手数料無料!

 

スピード買取.jpの気になる口コミやレビュー

スピード買取.jpの気になる口コミやレビュー記事はこちら

 

 

 

ヤマトク

 

 

梱包キットには、段ボール・発送伝票・ガムテープが入っているので、手間もかからずあっというまに送る準備ができちゃいます。
準備ができたら佐川急便に電話して荷物を取りにきてもらいましょう。
あとは、査定結果を待つだけ!
査定結果に納得したら、その日にお金を振り込んでもらうこともできます。
着物関連のものであれば、何でも査定をしてくれます。
日本国内どこからでも送れるので、どの地域の方でも買い取りをしてもらえます。
実績も多くあるので、高額査定が期待できます!

 

  

 

 

 

 

ヤマトクの実績例

 

 

買取方法

「無料梱包キット申し込みフォーム」を記入して、無料査定を申し込みます。
届いたダンボールに品物を入れて、同封されている伝票を張って佐川急便に持っていってもらいます。
希望の方法で査定の結果の連絡がきます。

 

お金の受け取り方法

査定額に納得をした場合には、振込みを依頼してお金を振り込んでもらいます。
即日振り込みも可能です!

 

ヤマトクの特徴

買取の成約率がなんと・・・98.3%!!!
着物関連のものであれば、なんでも査定をしてくれます。
梱包用のダンボールや伝票は何枚でもくれるという太っ腹!
ダンボールで送れば査定をしてくれるので、どこにいても、自分の都合の良いときに査定をしてもらえるのが魅力です。

 

ヤマトクの気になる口コミやレビュー

ヤマトクの気になる口コミやレビュー記事はこちら

 

 

 

買取プレミアム

 

 

買取プレミアムは、最短30分で無料査定に来てくれます。
目の前に査定をしてくれるのでとても安心です。
どんな着物でも、値が付かないかも・・・とあきらめてしまう前に
「買取プレミアム」に無料査定を依頼してみましょう。
着物関連のものなら、なんでも査定に出してみましょう。
思わぬ金額になることもありますよ!
圧倒的な買取実績数とノウハウがあるので、
高額買取を希望するなら「買取プレミアム」がおすすめです!

 

  

 

 

 

買取プレミアムの実績例

 

 

 

買取方法

「無料査定お問い合わせフォーム」より申込みをすると、熟練査定士が最短30分で無料出張査定に来てくれます。
“出張費無料!査定料無料!”

 

お金の受け取り方法

査定額に満足した場合は、その場で買い取ってもらい、即現金にて支払っていただけます。

 

買取プレミアムの特徴

着物に関する高い知識を持った熟練査定士の方が査定をしてくれるので、
価値ある着物であればあるだけ高額での買取が期待できます!
また買取プレミアムでは、着物以外の様々なものを扱っているので、ついでに査定してもらっちゃうことも可能ですよ。
古銭、切手、毛皮、アクセサリーなど気になるものも査定してもらっちゃいましょう!

 

買取プレミアムの気になる口コミやレビュー

※ただいま製作中・・・

 

高価買い取りのコツ

着物専門業者に買い取り依頼をしましょう

 

着物はとても奥が深い商品です。あまり着物の知識のないところで査定をしてもらうと、着物の価値が理解されず査定額が低くなってしまう可能性があります。そうなってしまうと損ですよね。しっかりと着物の価値の分、査定額を出してもらうためには、着物買い取りの実績が豊富な専門業者にお願いするのが一番です。価値の高い着物であれば、高価買い取りをしてもらえるでしょう。

 

 

着物の保存状態、買い取りに出す時期も大事

 

当然ではありますが・・・
新品のものや着る回数がすくなかったものなど、傷みがなく保存状態の良いものが好まれます。食べこぼしのシミや汗ジミのない着物もポイントです。
着物は気をつけて保管していても、裏地が変色してしまったり、色落ちが進んでしまったり、刺繍がほつれてきたりと傷みが進行してしまうものです。着物は日に日に傷みが進行してしまうものなので、買い取りに出すのであれば1日も早く査定をしてもらった方がよいでしょう

 

 

着物の素材や有名度について

 

着物の素材は、絹が一番高価買い取りが期待できます。その他のウールや化学繊維でも買い取り査定をしてくれますが、絹に比べると値が下がる傾向にあります。

 

また、有名な染色作家が手がけたものや、人間国宝である有名作家が作ったものは当然高値がつきます。大島紬、久米島紬、加賀友禅などの伝統工芸品なども高価買い取りの可能性が高いでしょう。その時に重要なのが、作家や伝統工芸品の価値を証明してくれる「証紙」の有無です。証紙がある場合には、わかりやすく価値を証明することができるためにより高価な買い取りをしてくれます。逆に証紙がないというだけで、値段が下げられてしまうので、証紙がある時は忘れずに一緒に提出するようにしましょう。

 

 

使い勝手のよさ

 

今は丈の長い着物が主流になっています。身丈が160cmくらいあると仕立て直しが可能なので、幅広い人からお求めやすくなるからです。昔の着物の場合は着る人に合わせて丈をつめているものが多いのですが、そのような着物よりもサイズの融通がきく長めの丈の方が高価買い取りの可能性が高くなっています。

 

また柄や色に関しても、着る人を限定してしまうような個性的な柄よりも、幅広い年齢層に受け入れられるような色や柄が好まれます。流行の柄の場合にも、買い取り価格が良くなる傾向があります。

 

着物買い取りの手順

 

着物を買い取ってもらいたいという人は、
どうやって買取をしてもらうのか、自分にとって都合の良い買取方法を選ぶことができます。

 

とにかく着物を処分したいから買い取ってもらいたいという人であれば、
梱包キットを送ってもらい着物を詰めて送り返して査定をしてもらう方法が合ってるかもしれません。

 

一方、
大切な着物だし着物に対する想いや着物の価値などをしっかりと伝えたうえで査定をしてもらいたいと
考えている人は、目の前で査定をしてもらう訪問査定という方法が向いているでしょう。

 

どちらにしても、査定は無料で行ってくれます。
あなたにとって魅力的な査定方法はどちらですか?

 

 

着物を送って買い取り査定をしてもらう場合

 

ホームページより梱包キットの申込をします。ネットでの申込の際は、名前、住所、電話番号、メールアドレス、配達希望時間、希望の段ボールの数を入力するだけです。特に会員登録をする必要もないので、気軽に梱包キット申し込みができます。

 

梱包キットには、段ボール・ガムテープ・買取依頼書・発送伝票・梱包の説明書や集荷電話番号などが入って送られてきます。梱包材などを自分で用意する必要もないので便利です。
自分で用意するものは、査定してもらいたい着物類だけです。

 

ただし、身分証明書類(運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれか1つ)のコピーを同封する必要があるので用意しておきましょう。

 

荷物の準備ができたら、集荷に来てもらって、あとは査定結果の連絡がくるのを待つだけです!査定結果の連絡方法は、電話かメールを希望することができます。
査定額に納得して合意した場合には、最短即日お金を振り込んでもらえますよ!

 

<<着物を送りたい方はこちらから>>

 

 

 

着物の査定に来てもらう場合

 

ホームページより無料出張査定申込みフォームに入力をして送信します。入力する項目は、名前、住所、電話番号、メールアドレスです。会員登録をする必要もなく利用することができます。

 

担当者から電話かメールにてアポイントの件で連絡があり、査定の日時の打ち合わせをします。決まった日時に、無料で査定に来てくれます。査定は玄関先で行ってくれるため、余計な心配の必要はありません。ただ、査定してもらいたい品物を用意しているだけで大丈夫です。専門担当者による査定は5分ほどで終了するので、短時間で終わります。

 

査定料は無料ですが、査定額を聞いた後に、¥買取をキャンセルしてもキャンセル費用も発生しません。査定結果に満足した場合には、買取代金をその場で支払いをしてくれます。その場合に本人確認が必要になるので、運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれかを査定員に提示します。

 

<<査定にきてもらいたい方はこちらから>>

 

 

着物の査定に来てもらう際の注意点

 

※ 18歳以下の方が申込をする場合には、査定額に関わらず必ず保護者の同意書が必要になります。

 

※ 着物の買取方法が、郵送であっても自宅であっても本人確認書類が必要になります。
   なぜかというと、古物営業法によって中古品の売買の際には公的証書の提示が義務付けられているからです。
   本人確認書類の提出な場合には、しっかりと古物営業法に基づいて営業しているという信頼度の証でもあります。
   買取の際には、現住所が確認できる有効期限内の身分証明書が必要になるので用意しておきましょう。

 

査定に出せるものとは

着物買い取りの対象になるものは、着物関連のもの全般です。着物以外にも、帯関連、帯留、帯締め、かんざし、扇子、草履などの小物類も可能です。子供の着物や男性ものの着物の取り扱いもしてくれます。もちろん反物の可能です。

 

古い着物でも買い取りの対象になります。明治から昭和初期のものはアンティーク着物と呼ばれ、特徴的なデザインに人気が集中しているため高価買い取りが実現する可能性があります。

 

シミの付いてしまっている着物なども査定をしてくれます。着物として成り立たないような仕立てが崩れてしまっているものでも、買い取りをしてくれることもあります。着物は、着物として再利用される他に、生地として利用されることがあるからです。最近ではリメイクすることが流行っているので、着物生地を利用して、バッグや髪飾りや小物類などが多く作られています。

 

今まさに、着物ブームが到来している着物が旬な時期でもあります。

 

富士山が世界遺産に登録されたことや、2020年のオリンピック開催国に決定したことを受け、日本ブームが世界中で高まっていますよね。そのため来日する外国人が急増していて、着物に注目が集まるだけでなく、着物生地の小物の人気も高まっているのです。

 

着物の需要が高まっている今、着物の高額買い取りが期待できます

 

何が重宝されるものなのか素人にはわかりにくいものです。「これは値が付かないかも・・・」と自分で判断してしまうのではなく、とりあえず買い取り査定に出してみることをおすすめします。思わぬ値がつくことだってありますよ。

 

 

着物の手入れについて

【シミ・汚れ】

 

着物の買い取りでは、シミなどの汚れがなく状態の良い着物の方が高く買い取ってもらえる可能性があります。着た時に作ってしまった汚れやシミは、しっかり落としてからしまうようにしましょう。

 

着物のしみぬきとなると、どうしたらよいのか想像がつかず億劫になってしまうかもしれません。でもシミや汚れはなるべく早く対処しておかないと、おちにくくなってしまうので、すぐに汚れを落とすようにしましょう。

 

まずは、水で拭き取ってみましょう。水だけでは落ちない場合は中性洗剤を薄め、汚れをつまみ出すようにして拭き取ります。
この時、絶対にこすって汚れを落とそうとしないようにしましょう。着物は糸を織って作られているのでこすることでシミが奥へ広がってしまいやすいからです。

 

それでもシミや汚れが取れないときには、専門業者に相談してみることをおすすめします。中性洗剤で落ちない汚れは、油性のシミや汚れです。ベンジンなどの薬剤を使って汚れ落とす場合には、ベンジンをたっぷりとコットンに含ませて叩いて汚れを下に移動させるイメージで行います。下にはタオルなどを敷いて、溶け出した汚れなどを移しとるようにします。汚れている部分の周囲にかけて全体を叩き出すようにし、拭き終わったら手のひらなどでベンジンを素早く乾かすようにすると輪ジミを防ぐことができます。

 

 

【シワ】

 

着物を着ると座りジワなどか付いてしまうものです。洋服と同じようにアイロンをかけてシワを伸ばそうとしないでください。絹の着物の場合には、縮んでしまいます。着物を吊るしてシワを取る方法もありますが、素材によっては吊るすとのびてしまうものもあるので要注意です。手間ですが、固い紙を入れてたたみ座布団などで押してシワを伸ばす方法が一番です。昔よく行われていた布団の下にセーラー服などを入れてシワをとる寝押しという方法でもよいでしょう。タンスの一番下に入れてシワを取る方法もあります。